株式投資を始めるべき理由3つ

株式投資

こんにちは。じょぼです。

今日は『株を始めてみたいけど、お金がなくなるのが怖くて手が出せない』という方向けに、それでも株を始めるべき理由を3つまとめました。

実は、株は初心者でも安定的にお金が増やせるんだよということや、

私自身、株を始めるまでわからなかった株の魅力をお伝えして、

株を始めようか悩んでいる方の、初めの1歩の後押しができればなと思います。

そもそも株式って何?

すごく簡単に説明すると、

株式会社が事業に投資した人に渡す証明書』のことです。

株式会社はこの資金を元手に事業を行います。

参照:https://www.smbcnikko.co.jp/first/stock/kiso01/

企業の業績が上がれば、その企業の株を欲しがる人が増えます。

株を欲しがる人が増えれば、株価が上がるため、上がったタイミングで売却することで利益(値上がり益)を得ることができます。

また、値上がり益以外にも、企業は利益の1部を『配当金』や『株主優待』といった形で還元する会社もあり、『高配当株投資』や桐谷さんで有名な『優待投資』で利益を得る方法もあります。

株式について理解していただいたところで、早速本題にいきましょう。

株を始めるべき理由その1 『インデックス投資で安定的に資産が増える!』

インデックス投資とは、世の中の景気や経済など市場全体の動きを表す指標(インデックス)への投資する投資信託です。

誰しも1度は聞いたことがあると思いますが、『日経225』や『TOPIX』、『NYダウ』等に投資することです。

インデックス投資のメリットは、低コストで手間をかけずに、少額から分散投資できるということです。

もっと詳しく説明しようとすると、説明だけで終わってしまうのでインデックス投資については別途記事にしたいと思います。

とりあえず、今はインデックス投資は初心者におすすめということだけ覚えておいてください。

というわけで、本題に戻ります。

ではなぜインデックス投資が安定しているのか、理由を説明します。

それは市場全体に分散投資をしているからです。

例えば、トヨタの株を買った場合、トヨタ1社の業績やニュースによって株価が乱高下します。

トヨタの悪いニュースが出た場合、急落するリスクを抱えています。

しかし、日本全体(日経225等)に投資した場合、トヨタの株が急落しても、225社あるうちの1社でしか無いので、ほとんど影響を受けません。

そういった意味でインデックス投資は安定性が高いといえます。

(コロナショックなどではガッツリ下がってしまいますが、、、)

次に資産の増え方に関して説明します。

インデックス投資は安定性が高い反面、リターンに関しては個別株に劣ります。

しかし、長い期間をかけてインデックス投資を行うことで、個別株よりも長期的にパフォーマンスが高いという研究結果が出ています。

積み立てNISAはまさに長期間のインデックス投資で、よく初心者におすすめされているのは上記の理由からです。

ここで有名な指数『S&P500』を見てみましょう。

参照:yahooファイナンス

このチャートは直近10年間のチャートになります。

(ちなみにですが、この『S&P500』はアメリカの優良企業500社を詰め合わせたものです。AppleやAmazonも入ってます。)

このチャートを見てわかる通り、10年前にS&P500を10000円分買っていれば、今30000円〜40000円程度になっていることが分かります。

当然リーマンショックやコロナショックで一時的には下がっていますが、長期的にみるとかなり上がっていることが分かります。

とはいえ、長期的にみるとほとんど下げている期間もなく、10年もてば安定的に3〜4倍に増えています。

株を初めてわかったのですが、私自身もインデックス投資を行っているのですが、思った以上に資産が増えるのが楽しいです。

インデックス投資は、基本的に買ったら放置でいいのですが、増えるのが嬉しくてほぼ毎日見ちゃってます。笑

色々言いましたが、低コストで手間をかけずに少額から分散投資できるので、インデックス投資は初心者におすすめなのです。

株を始めるべき理由その2 『貯金は損をしている!』

『貯金こそ正義』

『株の方が損するに決まってる』

そう思っている方多いと思います。

私も初めはそうでした。

しかし、ある指数をニュースで知り、『あれ、貯金だけだと損してるよね』と思うようになりました。

その指数とは『消費者物価指数』です。

消費者物価指数とは、物価がどれくらい上がっているか、下がっているかを示す指数で、総務省から毎月発表されています。

この物価指数が過去10年の平均で0.2%上昇しており、今後10年間で平均1.3%になるという予想が出ています。

これは、2010年に10000円で買えていたものが、10年後の2020年には10020円になっているという計算になります。

これがさらに10年後1.3%増加したとすると、10150円になります。

たった150円と思うかもしれません。

まぁいいでしょう。

では次に銀行の金利を見てみましょう。

参照:https://www.bk.mufg.jp/ippan/kinri/yen_yokin.html

三菱UFJの普通預金金利は年0.001%となっています。

10000円を20年間口座に入れていたとしても、10001円とか10002円です。

利子なんて無いに等しいのです。

10年前10000円で買えていたものが、10年前に貯金した10000円で買えないのです。

つまり、金利より物価上昇率の方が高いため、貯金をしていると相対的に損をするということになります。

株を始めるべき理由その3 『無駄使いをしなくなる!』

上記2つの理由だけでも株を始める理由になると思いますが、もう1つ理由があります。

株を始めると、価値を意識するようになります。

今人気の『高配当株投資』で考えてみたいと思います。

高配当株投資とは、配当金を目当てに、配当金が高い企業に投資する方法です。

高配当と言っても、もらえる配当金はせいぜい株価の3〜4%程度です。

10000円分株を買って年間で300〜400円の配当がもらえる計算になります。

ここで現実を想像してください。

毎日にように自販機で飲み物を買っていたとすると、一月当たり約3000円はいくと思います。

そうすると、『この3000円を稼ぐのに、一体いくらの資産が必要なんだろう』と考えるようになります。

自販機生活を1年続けると、36000円になります。

36000円を配当金でもらおうとすると、3%の配当が出る会社で1,200,000円分の株が必要という計算になります。

そう考えると、その飲み物ほんとに自販機で買う必要ありますか?

私は毎日水筒持参です。

そして浮いたお金は投資に回ります。笑

また、株について学ぶと、金融リテラシーが高くなります。

勉強していけば、必ず金融について詳しくなります。

そうすると尚更無駄使いが減るようになります。

少なくとも、私は無駄使いが減りました。(私の友人も無駄使いが減ったと言ってました)

こればかりは実際に株を始めないとわからない感情だと思います。

ぜひ、株を始めて、この感覚を感じて欲しいです。

まとめ

いかがでしょうか。

株を始める決心はつきましたか?

株を始めることはあなたにとって必ずプラスになります。

ただ、投資は自己責任!

いきなり全額投資に回すようなことはせず、余剰資金で行なってください。

ぜひ証券口座を開設し、株を始めてください。

株を始めたいけど、お金がないという方には『SBIネオモバイル証券』がおすすめです。

SBIネオモバイル証券は月額実質20円で1株から取引ができる証券会社です。

Tカードと連携すればTポイントで株を買うことができることも大きなメリットの1つです。

この機会に口座を開設して投資家への大きな1歩を踏み出しましょう!

もう一度お試し下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました